わからないことは専門家に聞こう

増税のメリットとは何か

何らかの事情があって、働けない人がいると思います。 しかし働けないとお金を得られませんし、お金がないと生活を送ることができません。 そんな人たちが平和な生活を送れるよう、社会保障があります。 消費税を上げて財源を確保して、社会保障の費用に使われます。

復興支援に活用する財源

震災が起こった時は住宅が壊れたり崖が崩れたりして、人間が住めない状態になってしまいます。 早く復興しなくてはいけませんが、財源がないと支援できません。 普段から税金を貯めることで、実際に災害が起こった時にすぐ支援できます。 増税は、復興支援にも繋がります。

様々な目的に税金が使用される

公共事業のために、消費税を増税して徴収したお金が使われると言われています。 具体的に、公共事業とは何でしょうか。 例えば、空き地を公園にしたり、道を綺麗に舗装したりすることを指します。 国民が暮らしやすい状態にするため、道路や空き地が整備されています。

働けない人のために使うお金

消費税が上がると、国民の暮らしが苦しくなってしまいます。
一見メリットがないように見えますが、実はいくつかのメリットが存在しています。
まず、財源確保ができます。
その財源を利用して、社会保障を充実させることができます。
定年を迎えた人や、ケガをして休んでいる人は働けません。
社会保障が充実していれば、そのような人たちでも安心して生活を送ることができます。

また災害が起こった場合、復興支援にお金を使えます。
最近は地震や大雨などで、滅茶苦茶になってしまった地域が増えています。
復興するためには、お金が必要です。
普段から復興支援用のお金を用意することで、災害が本当に起こった時にすばやい対応ができます。
日本は、地震や大雨で災害が起こる頻度が多くなっています。
ですから消費税を上げて、復興支援の時に使用するお金を確保していた方が良いと考える人がたくさんいます。

消費税を上げて、国民から徴収した費用を使って公共事業に使うこともできます。
空き地を整備して、子供たちが遊べる公園を作ることもあります。
また舗装されていない道を通るのは、危険ですよね。
事故を減らすために、道を綺麗に舗装することにも使われます。
お金がないと、そのような公共事業もできません。
もっと国民が生活を送りやすくするために、消費税を上げる必要があります。
消費税が上がると、物価が高くなるので困りますが、そのような目的やメリットがあると理解してください。