わからないことは専門家に聞こう

復興支援に活用する財源

すばやく復興支援する目的

消費税を上げて、国民から徴収するお金を増やすことで、復興支援の費用に回せます。
普段からお金を貯めていれば、復災害が起こった時にすぐ復興支援ができます。
災害地では、家を失ったり食べるものがなくて困っている人がたくさんいるでしょう。
お金があればその人たちが、平和な生活を送れるよう準備できます。

日本は近年、災害が増えています。
いつ災害が起こるか分からないので、いつ起こっても良いように準備を済ませておかなければいけません。
災害が起こった時のためなので、増税を理解してください。
復興支援のお金がないと、災害地にいる人たちの苦しむ期間が長くなってしまいます。
そのような事態を避けるために、消費税を増税する考えで固まっています。

普段から貯めておくことが大切

消費税は、国民に取って最も身近な税金です。
ほとんどの人が買い物をする時に、支払っているでしょう。
ですから徴収しやすいと言われています。
支払う人が少ない税だと、復興支援の費用が貯まりません。
震災が起こっても、災害地の復興がまだできないので困ります。
すばやく復興支援するために、みんながたくさん支払う税金を増税する必要があります。

そこで選ばれたのが、消費税です。
自分の住んでいる地域が、災害に遭うかもしれません。
そんな時に復興支援の費用が役に立つので、増税を悪いことだと思わないでください。
いざという時のために、復興支援用の費用を貯めていると考えましょう。
国民が、全員安心して暮らせるように徴収したお金が使われます。